希望する保育園に採用されるポイントとは

subpage01

現在の日本では保育士の不足が深刻な問題になっています。

なので多くの保育園が保育士の募集を行っていますが、応募すれば誰でも確実に受かると言うわけでもありません。

保育士の就職情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

まず、保育園に保育士として採用される為には採用試験を受ける必要があります。


そして、その採用試験には必ず面接があります。



実はこの面接こそが保育園で働く為には大きなポイントになっていて、合否の判断のほとんどは面接で決まると言えます。
なお、この面接で保育園側がよくする質問に志望動機があります。


この志望動機が最も重要なポイントになっていて、多くの方が答えるような子供が好きだからなどの一般的な答えではややインパクトに欠けます。



なので例えば自分は実際に近所の子供とこう接している、子供とこんな事がしたいと考えているなど、できるだけ具体的な話をする事が採用の近道になっています。

また、本人の人柄も大きなポイントになっています。しっかりとしたマナーを身につけている事はもちろんですが、それ以上に明るい性格や積極的な行動ができるなどの点も評価の大きなポイントになっています。
高校や大学など学生時代にボランティア活動に取り組んでいたり、部活動などに積極的に取り組んでいたなどのアピールポイントがあれば非常に有利になります。

ただしその様なアピールポイントがなくても、必要最低限のマナーやハキハキした気持ち良い受け答えなどができれば採用の確率は高くなると言えます。