公立の保育園に採用されるにはどうしたら良いのか

subpage01

保育士の職場の中で、公立の保育園が一番条件が良いです。



給料が高いですし、職場として安定しています。


ただし、公立の保育園は人気が高いので、採用されるのは容易ではありません。

公立の保育園に採用されるには、採用試験に合格する必要があります。



一次の学科の試験が難関なので、一次試験対策に力を入れることが必要です。


当たり前のことになりますが、時間をかけて勉強しましょう。
覚えることが多いので、時間をかければかけるほど有利になります。

半年前から勉強するのでは遅すぎます。

1年前から勉強をしましょう。

一日にたくさんの量を勉強すると、すぐに挫折します。


少しの量をこつこつ積み重ねていく必要があります。
例えば、子供の食と栄養の分野は範囲が多く、試験内容も難しいと言われています。このような分野こそ時間をかけて勉強しなければなりません。
参考書を1回勉強しただけでは、その内容を覚えることはできません。復習することが重要になります。

復習は勉強した日の翌日にすれば、記憶に定着しやすいです。

保育士の就職について解説いたします。

翌日に復習したら、1週間後にまた復習します。このように復習を繰り返すことで、重要な事柄を確実に覚えられるようになります。

いろいろなテキストが販売されていますが、自分がすらすら理解できるものを使うことが必要になります。読んでなかなか理解できないテキストは使わない方が良いでしょう。
テキストを勉強して重要なことを覚えたら、過去問を始めます。

その時に大切なことは間違ったところを、その場で覚えることです。